ノーメックス®とは

ノーメックス®紙の製造方法と歴史

製造方法

ノーメックス®紙はアラミド(全芳香族ポリアミド)の重合体(ポリマー)から短繊維(フロック)と合成パルプ(ファイブリッド)を作り、これを水中分散させて抄紙機にかけて製造されます(タイプ411)。 この後に高温・高圧でカレンダー加工を行い、高密度化をはかり内部結合力を高めます。この結果、高温下でも機械的、電気的に優れた紙が出来上がります(タイプ410、タイプ414、タイプ356)。タイプ818はアラミドの短繊維、合成パルプをマイカ(雲母)と混抄させて製造します。




歴史

デュポンが世界で始めて開発したナイロン。そのナイロンがようやく日本でも浸透し始めた1951年に、デュポンの研究グループは次なる『夢の新素材』開発を可能にする発見をしています。それから16年後、この新素材は、ノーメックス®として日本に紹介され、当時の合成繊維からは考えられないような画期的な耐熱性と耐薬品性は、高い評価を持って受け入れられました。ノーメックス®のもう一つの大きな特徴は、アラミドパルプ(ファイブリッド)の発明にあります。この発明により、ノーメックス®の優れた電気特性は耐熱絶縁紙という形で具現化したのです。 以来30年を越える長きにわたって、わが国の産業と共に歩み続けている実績が、ノーメックス®紙の優れた諸特性と高い信頼性を物語っています。

沿 革
  • 1951年 デュポン研究グループ、低温溶液重合によるポリアミドの合成を発見。
  • 1961年 耐熱ポリアミド繊維HT-1(後にノーメックス®を発表。
  • 1963年 HT-1より製造された耐熱絶縁紙を発表。
  • 1964年 ウェステイングハウス社が、150°C温度上昇(最高温度 220°C)用乾式トランスに商業ベースで使用開始。
  • 1965年 ULで220°C連続使用の認定を受ける。
  • 1967年 バージニア州リッチモンドでノーメックス®の商業生産を開始.。日本に紹介される。
  • 1974年 アメリカ連邦通商委員会が、全芳香族ポリアミドを脂 肪族ポリアミドと区別するために、アラミド(Aramid)と命名。
  • 1990年 国内工場において抄紙からの一貫生産が本格稼動開始
  • 1992年 ISO9002取得(同年にISO9001を取得)
  • 1994年 日本及びアジア地区においてノーメックス®紙の製造販 売の合弁会社デュポン帝人アドバンスドペーパー(株)を設立(デュポン(株)、帝人(株)の折半出資)。
  • 1997年 国内工場においてマイカ混抄紙タイプ818の抄紙からの一貫生産開始。
お問い合わせ:

〒100-6111
東京都千代田区永田町 2丁目11番1号 山王パークタワー
Tel: 03-5521-2800